犬山市・江南市・扶桑町・大口町で相続・遺言に関するご相談なら

犬山 相続遺言相談室

登記・法律の 無料相談 0568-61-0985
  • HOME
  • 相続放棄とは

相続放棄とは

相続放棄とは、被相続人の残した財産や借金を引き継ぐ 権利がある相続人が、それら財産や借金を「相続しません」と宣言することです。相続放棄は相続開始を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申述します。
 
相続とは、亡くなった方の権利関係を相続人が引き継ぐことです。「不動産」や「現金」「株式」「自動車」などの財産もあれば、借金などの財産も存在します。
借金のみならず、損害賠償請求権や損害賠償責任も相続の対象になります。一般的に借金だけを相続して損はあっても得はしないので、それを相続すること自体を放棄することが可能です。
 
ただし、条件がいくつかあります。前述の通り、相続人は相続開始を知った3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申述をしなければなりません。相続人が複数いる場合は、一部の人だけが放棄することも可能ですし、全員放棄というのも可能です。
 
ただし、相続では「これは相続するけど、これは相続しない」ということは原則できません。「すべてを相続するか」「すべてを相続放棄するか」しかないのです。
 
どんなに遅くとも3ヶ月以内には相続財産額がプラスなのかマイナスなのかくらいは確認できる調査をしなければいけません。
 

相続放棄の手続きの流れ

1)戸籍等の添付書類を収集します
       
2)相続放棄申述書を作成します
      
3)家庭裁判所へ相続放棄の申し立てを行います
      
4)家庭裁判所からの一定の照会があるので、それに回答します
       
5)問題がなければ、家庭裁判所で相続放棄の申述が受理されます
      
6)家庭裁判所から通知書が送られてきたら、手続きは完了です
      
7)債権者に提示するために、必要に応じて相続放棄申述受理証明書を交付してもらいましょう
 

相続放棄の必要書類

■相続放棄申述書
■被相続人の戸籍・除籍、住民票の除票
■申述人・法定代理人等の戸籍謄本
■申述人1名につき収入印紙800円、郵便切手
 
相続放棄手続きには3ヶ月という期限がありますので、迅速に手続きを進める必要があります。間に合わないと後で取り返しがつかないことになりますので、出来るだけ早い段階でご相談下さい。



相続放棄について、もっとご覧になりたい方は、こちらから。

相続放棄とは 限定承認と単純承認
3ヶ月を過ぎた相続放棄 保証債務とは

copyright © 2013 司法書士・行政書士 石原事務所 All Rights Reserved.